本文へスキップ

トラッキングAPI

宅配業者リストを照会し、運送状情報を照会するAPIについて説明します。

注意事項

ページネーションに関する詳細はPaginationを参照してください。

Query.carriers(宅配業者リスト照会)

基本

Query.carriersを使って宅配業者のリストを照会することができます。

以下は、使用可能な宅配便業者を10個取り込む例です。 ページネーションに関する内容はPagination文書を参照してください。

Query (GraphQL)
Variables
をクリックして応答を確認することができます。

国指定

Query.carrierscountryCodeに優先国を指定することで、宅配業者のソート順のヒント(優先度)を提供することができます。

警告

現在countryCode指定は可能ですが、結果には反映されず、GAリリース以降から反映される予定です。

Query (GraphQL)
Variables
をクリックして応答を確認することができます。

テキストで宅配業者を検索

Query.carrierssearchTextを使用して、目的の宅配業者を検索することができます。

入力されたTextに基づいて、ユーザーが希望する宅配業者を推測して、可能性の高い宅配業者のリストを提供します。

Query (GraphQL)
Variables
をクリックして応答を確認することができます。

運送会社の追加依頼

Delivery Trackerが提供しない運送会社の追加が必要な場合は、こちらを参照してください。

Query.track (運送状情報照会)

Query.trackを使用して、宅配業者IDと運送状番号で運送状情報を照会することができます。

警告

変更を追跡するためにTrack APIを定期的にPollingする方法はお勧めしません。 変更の追跡が必要な場合は、Tracking Webhook API を使用してください。

推奨タイムアウトは最大15秒です。

最後の情報を照会する

デリバリートラッカーを使用する多くのユーザーは、配送が完了したかどうかを判断するために最後のステータス照会を必要とします。 配信トラッカーでは、TrackInfo.lastEventを通じて最後のイベントのみを照会することができます。

Query (GraphQL)
Variables
をクリックして応答を確認することができます。

様々な情報を照会する

以下の例は、特定の運送状番号の最近のイベント10件を照会する例を示しています。 10個以上のイベントが必要な場合は、Paginationを通じてより多くのイベントを照会することができます。

他にもTrackInfoには送信者情報など、ドキュメントに記載されていない様々な情報が含まれており、詳細はTrackInfoを参照してください。

Query (GraphQL)
Variables
をクリックして応答を確認することができます。